事業概要


名二環とは

都市部の渋滞の緩和 物流拠点とのアクセス強化に向けて

 

・名古屋第二環状自動車道(名二環)は、名古屋の外周部を通  り、名古屋市を中心に放射状に延びる幹線道路を環状道路としてつないでいます。

・名古屋都市圏道路ネットワークの骨格をなす延長66.2kmの環状道路であり、交通分散による渋滞緩和、通過交通の都心流入抑制、非常時の迂回確保といった環状道路としての役割が期待されます。

・また名古屋港や中部国際空港などの物流拠点と内陸部の生産拠点とを繋ぐ道路であり、物流効率化による生産性向上に資する道路として期待されます。

名古屋西JCT~飛島JCT(仮称)

名古屋港へのアクセス強化、適切な交通機能分化を目指して

 

・現在工事を進めている名二環(名古屋西~飛島間)に並行する国道302号は、名古屋港への物流道路として大型車の交通量が多く、慢性的に混雑しています。

・また、名古屋市中川区・港区では、朝夕の通勤交通に加え、名古屋港を利用する大型車(物流交通)が市街地内で混在し、交通混雑や安全面での問題が顕在化しています。

・名二環(名古屋西~飛島間)の整備により、物流交通等の名古屋港へのアクセス性を高めるとともに、周辺道路の適切な交通機能分化(用途に合った適切な道路の使われ方にすること)が期待されています。



各画像はクリックすると拡大表示します

名二環(名古屋西~飛島)の概要

都市計画決定:昭和57年11月

区間:名二環 名古屋西JCT~飛島JCT(仮称)

延長:12.2km

道路規格:2種1級

設計速度:60km・h

車 線 数:4車線

通過市町村:名古屋市中川区、港区、飛島村



全体地図


災害への備え



工区別概要

西蟹田

春田野

大西南

梅之郷